素材について

●陶磁器
陶器と磁器との区分も曖昧だが、一般的な分類では、磁器は花崗岩など風化した石を原料とし、半透明性で光沢があり吸水性がなく、陶器より硬く、軽くたたくと金属音がする。陶器は粘土を主原料に使い、吸水性がある素地で地面は柔らかい感じがし、たたくと鈍い音がする。
※リサイクル陶磁器:一般家庭からの不要食器や製造工程で排出される不要物を細かく砕き原料と混ぜ、最焼成した陶磁器。
●ファインセラミックス
人工原料のため粒子が非常に小さく均一状態で、特定の機能に特化したものが作られる。絶縁部品、耐熱食器、セラミックス包丁やはさみなど優れた性能の商品が作られ、幅広い分野で使用されている。
●ガラス
ケイ酸塩ガラスがほとんどで、無色透明で表面がなめらか。グラスなどの日用品、窓ガラスに使われ、金属酸化物をくわえることで美しい色彩が作られる。
最上部へ