素材について

●ナイロン
ポリアミド樹脂という非常に強い樹脂を糸にした、軽くて非常に強い合成繊維。コーティング(塗布)やラミネート(貼り合せ)に向き、粘性や引き裂きに強いので、スポーツ用品や、パラグライダーやパラシュートやエアバッグなどの安全性が要求される用途に使われる。また、合成繊維の中では静電気が起きにくく肌になじみやすいので、女性用下着やストッキングに使われる。カビや虫食いの心配がすくなく、保管が安易。耐光性が悪く、紫外線により黄変することがある。
●ポリエステル
ポリエチレンテレフタレート(PET)という非常に劣化しにくい強い樹脂を糸にした、ナイロンに次いで強い合成繊維。軽く、耐熱性、弾力性に優れ、しわになりにくい特性を持つ。ほとんど水を吸わず速乾性が高いが、静電気が起きやすいため綿やウールと混紡され使われることが多い。最もリサイクルしやすい織物で、燃やしても有害なダイオキシンはほとんど出ない。またドライクリーニングの必要がない。
●アクリル
ウールに似た性質を持つ合成繊維で、軽く柔らかくしっとりとした感触があり、美しい色に染まる。保温性が高く、毛やポリエステルより軽く、弾力性がありしわになりにくい。毛布、冬物のセーターなどに多く使われるが、毛玉や静電気が起きやすい。カビや虫食いの心配がすくなく、保管が安易。
●ポリウレタン(PU)
ゴムのように伸びる伸縮自在の弾性の合成繊維。様々な素材との組合せが可能で、ボンディング(張り合わせ)フィルムコーティング、合成皮革などに加工される。また軽くて丈夫、体になじみやすくフィット感があり、衣料をはじめシート、サポーターやテーピングなど幅広い分野で様々な用途に使用されている。塩素、光、カビにより黄変や劣化を招くことがある。
●レーヨン
絹に似せて木材パルプから作った再生繊維。土中では自然に分解され、燃やしても灰が残らず環境に優しい。絹に似た光沢やさらっとした手触りが特徴で、吸水性、染色性に優れ静電気も起こりにくいので洋服の裏地などに多く使われる。しわになりやすく、水に濡れると強度も弾力も弱くなる。
※燃やしても有害ガスは発生しないので地球環境によい。
最上部へ